クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
00120)タルガ万歳

ポルセキ新聞 タルガ万歳その262.サーモスタットのパッキン交換!

  • mixiチェック
 

更新日: 2013年04月05日

main.jpg

「その259」と「その260」で、チェックのためにサーモスタットを外してパッキンのヤレ具合を確認したヨ、というところまでお話しました。でもって、サーモスタットを抜くときにゴポッとか音がしてたくさんのオイルが漏れたことも。

 りんごが木から落ちるのを見て万有引力を発見したのはニュートンですが、ワタシもオイルが下に垂れてくることをまざまざと見せ付けられ、万有引力を感じずにはいられませんでした。ワタシが1600年代に生きていたら、きっと万有引力を発見していたでしょう。

 というのも、パッキン(というかサーモスタット本体)を抜き差ししたことで、老化したパッキンのキゲンを著しく損ねたようで、オイルが激しく漏れ始めたんですね。漏れたオイルは万有引力に従って下へ下へと垂れて行き、その下にある熱っつ熱のエキマニの上にポトポト落ちる、と。その状態で走るとどうなるか。それは火を見るより明らかであります。

 白煙モクモクのモックモク。山の中でも仲間に合図を送れるんじゃねェかと言えるほど、タルガのリアから狼煙が立ち昇っております。驚くほどの白煙。ワタシもギョッ! まわりを走っているドライバーもギョッ! ニュートンがいたら彼もギョッ! と驚いたことでしょう。街中をオドロキの渦に巻き込みつつ、ワタシとタルガは狼煙を上げながら我が家のガレージへと疾走しました。もう目立つのなんのって。そのとき脳裏に浮かんだのは、このまま走っていると火ダルマになるんじゃないかという恐怖と、かつてのオイルプレッシャースイッチ事件(「その101」「その102」)。あのときは、JAFを呼んだっけ。オイルは着火点がガソリンより低いんで、発火しやすいんですね。コワイよお。

 幸い火を見なくて済んだのがなによりだったんですけど。このたくさんのオイルは、パッキンからのオイル漏れに加えて、パッキン(サーモスタット)抜き差し時のこぼれたオイルが大量にエキマニに付いたことも原因のひとつだと思われます。

 
pakkinn.jpgサーモスタットの新品パッキンは緑で断面の丸いもの。ポルシェ純正品です

 で、後日。サーモスタットのパッキンが届いて、アレ?

 タルガに付いているのは黒くて断面が四角いパッキンなんですけど、新しいのは緑で断面が丸いタイプ。一瞬買うのを間違えたか、と思ったもののこれで正解でした。パッキンの色はよく変わるらしく、また断面は元々丸いものがサーモスタットの溝などの形に合わせて四角くなるわけです。

 
omorasi.jpg山田ガレージに到着してジャッキアップ。床を見ると、オイルがこぼれております
annda-kaba-.jpg下まわりはオイルでベタベタ。この大量のオイルが熱々のエキマニに落ちて白い狼煙を上げたというわけです。オイルプレッシャースイッチに引き続き、サーモスタットもオイルが漏れるようになるとこのように大量お漏らしになります

 新品パッキンを手に、勇躍、山田ガレージへ。このときはこの前白煙モクモクで肝を冷やしたので、積車で行こうかとも思ったんですけど、ウオオオ! と気合いを入れて自走していくことにしました。我がガレージから山田ガレージまでは、高速道路を使えば20分ほど。ダイジョウブダイジョウブ。この前帰って来るときダイジョウブだったんだから今日もダイジョウブ。なんの根拠もないけどダイジョウブ。そう思いつつも、実は出発してすぐにやっぱり白煙モクモクにビビって山田さんに電話したところ、「う~ん、大丈夫だと思うけどな」と強気なお返事。やっぱりダイジョウブな根拠はどこにもないけど、こうなりゃ行くっきゃない。様子を見ながら慎重に行こう。

 ハラハラドキドキもんのドライブを経て、煙幕に包まれたままほうほうの体で山田ガレージへたどり着いたワタシとタルガ。その姿を見て、山田さんは笑いながらひとこと。

「これは注目の的だったね」
 ……だ・か・ら、言ったでしょ。
 
 どうやら想像をはるかに超えた白煙(=オイル漏れ)だったようで。
 コワイぜ、まったく。

 
tuketatokoro.jpgサーモスタットにセットされた新人パッキン君。頼むゾォォォ!!!!

 そのままエンジンを冷まして、いよいよ交換作業を開始。サーモスタットの黒いパッキンは、前回マイナスドライバーで弾力をチェックしたときは大丈夫そうに見えたのですが、今回パッキンを外そうとちょっと力を入れて引っ張っただけでパキッと割れてしまいました。やっぱり劣化して硬化していたわけです。アブネ。

 新品の緑のパッキンをセットしたサーモスタットは、クランクケースに戻すときかなり抵抗感があったのでキッチリとオイル漏れを止めてくれそうです。

 このままオイル漏れがなければ、問題解決。まだ、オイル漏れがあるとすれば、別の箇所に原因アリということになります。

 とりあえず、エンジン下まわりをパーツクリーナーで綺麗にして様子見です。頼むぞォォォ。

 

これより以前の記事はこちら

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.70
  • 911DAYS Vol.69
  • 911DAYS Vol.68
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •