クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
00120)タルガ万歳

ポルセキ新聞 タルガ万歳その363.トップのキシミ音よ、サラバじゃ 後編

  • mixiチェック
 

更新日: 2017年12月16日

main2.jpg

 930タルガトップのキシミ音解消の話の続きです。
 みなさん、付いてきてます? 今回ちょいと長いですゼ。覚悟のほどを。
 
 では、いきますか。

 トップの後ろ側の「角(つの)」にゴムパーツを挿し込むわけですが、アルミの棒とゴムじゃいくらなんでも滑りが悪いので、石鹸水を「角」に付けてから事に及びました。

 えい! と被せると、ポンポンポンと3つ音がしてストップ。

 
outotu.jpgゴムの中に見える輪っかのような4つのものが凸部

 このポンポンポンという音の主はというと……。
「角」には4つの凹みがあり、ゴムの中には4つの凸があります。凹みに凸が入ることでタルガトップの着脱時にゴムパーツが抜けなくなるという仕組みなんですね。
凹凸を超えるときに出る音がポンポンポン。

 で、ポンポンポン。ゴムが3つめの凸まで収まったところでウンともスンとも言わなくなりました。どれだけ押してもダメなもんで、引っ張ろうとしたら引っ張ることもできねェでやんの。吸い付いちゃってんだもん。ペンチでゴムの先っぽつまんで、ンギギギギ、と力任せに引っ張ったらスポン! だって。

 バーロー、なめんなよ! と今度はもっと石鹸水を塗りまくって再チャレンジ。しかし、またしてもポンポンポンでストップ。試しに反対側もやってみたらポンポンポン。左右の「角」ともメキシカンハットを被ったおっさんみたいになっちゃった。

 こりゃアカンと潤滑液をKURE5-56に変更し、たっぷり「角」とゴムの中に噴射。全身全霊をゴムに込めて、うおおおおおお! と挿し込んだもんであります。
 が、しかし、今度もポンポンポンでおしまい。何回やってもポンポンポン。
 なんてこった。

 こんな簡単そうなことが……。
 途方に暮れたワタシは、個人的に「ゴッドハンド」と呼ぶフラット6ガレージの御大に連絡。「持っておいで」というありがたいお言葉を聞き、1時間の道のりを敗北感に打ちひしがれて向かったのでした。

 
sennyoukougu1.jpg専用工具1

 到着後、御大はすぐさま手でやってみるものの、やはりポンポンポン。
 そして、ひとこと。

「ふうむ、こりゃ関君にはできんわ」という衝撃のひとこと。

 その言葉を残すと、ゴムの太さを確認して、アルミの筒の棒をその辺から探し、工作機械の前へ。無言で作業を始めました。できたのは専用工具。

ゴムパーツは横から見ると「⊥」字になっております。その底の「_」にアルミの棒を当て、差し込もうという寸法。

 その工具を使ってゴムを差し込むと、ポンポンポンポン!
 おお、ポンが4つ行った!! ってことはできたジャン! さすが御大! と思ったのも束の間。

「アカンな」と。

 そのとき分かったのは、「角」の凹みは4つあるものの、その先にもう一段分のスペースがあり、そこまで挿し込んでようやくOKということのようで。

 
4tu.jpg専用工具1だけでは、ポンポンポンポンでストップ。最後の一段まで押し込めません。ちょっとだけメキシカンハット状態

 そこで、底の「_」の部分に専用工具を当て、押し込んでみるものの、パーツを受ける「_」が折れ曲がって入っていかない。何度やっても同じこと。

 専用工具のパイプ径が太いからだろうという判断から、径の少し小さなリング状の専用工具2を作成。それを先の専用工具の先に付けてやるものの、また底の「_」が折れ曲がってしまう。

 
sennyoukougu3.jpg切り込みの入った専用工具3
nnyoukougugattai.jpg専用工具1の上に専用工具3を載せたスペシャル工具で、ゴムを押し込んでいるの図。グリスを「角」にたっぷり塗った上で、こうすることで完成! 完成はメインカット

 もっと径の小さな専用工具で押し込まないといけないとはいえ、ゴムパーツの中央部が微妙に膨れているため、先っぽから細い筒の専用工具を入れることもできない。

 そこで、思案して専用工具3を作成。径のさらに小さなアルミのリングを作り、その一辺に切り込みを入れました。で、今度はグリスをたっぷり「角」に塗った上で、専用工具3を専用工具1の頭に付け、エイヤッ!

 スポポポポン!!!

 ようやく入りました。タルガバーからボロボロになったゴムパーツをかき出すとき、グリスだらけだったのにはこういう理由があったんですね。大前提として、グリスたっぷりじゃないと入れられない、と。

 とにかくこのゴムパーツは、グリスをたっぷりの上に、専用工具を3つ使ってようやく入れることができるというシロモノだったわけです。
 素手のワタシにできるはずがありませんわね。

 さて、肝心のキシミ音はどうなったかというと、かな~り軽減。ワタシ的にはまったく気にならない微細なレベルとなったのでした。

 御大、ありがとうございました!

 

これより以前の記事はこちら

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.73
  • 911DAYS Vol.72
  • 911DAYS Vol.71
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •