クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
00120)タルガ万歳

ポルセキ新聞 タルガ万歳その89.やっぱりアレが原因だったのね

  • mixiチェック
 

更新日: 2008年06月13日

yappari.jpg

『タルガ万歳!』「その83.ありゃりゃ!? ペロリンコ」をアップして数日後、空冷大魔神さんから、このようなメールをいただきました。


「こんにちは、空冷大魔神です。関さんのタルガのバッテリー上がりは解決したでしょうか? 4月25日のルームランプの記事を見て、おやと思ったのでメールしました。漏電箇所はそのルームランプスイッチだと思います。確認方法と修理方法は下記の通りですので試してみてください。

<確認方法>
イグニッションスイッチOFFのままで、ドアを閉めた状態でパワーウインドウの操作を行う。

正常→パワーウインドウは動作しない。

絶縁不良→パワーウインドウが動作する。

ドアを開けた状態でパワーウインドウの操作を行うと、正常、絶縁不良問わずパワーウインドウは動作します。

911の場合、ルームランプスイッチで電源のON/OFFをしているので、このスイッチが絶縁不良を起こすと常に電流が流れバッテリー上がりになります。

<修理方法>
スイッチのゴムカバーを外し、スイッチをカチャカチャとON/OFFしながらCRCを吹きかける。もう一度先ほどの確認方法で正常になれば修理完了です。

*あのゴムカバーは破れると、雨水・湿気が進入しスイッチが絶縁不良をおこすようです。ゴムカバーは新しい物に交換することをお勧めします。」


 うおおおお! やっぱりそうだったのね。タルガのバッテリー上がりの原因。日之出モータース神奈川店にお邪魔したときにその旨をお聞きし、「ラバーキャップ」を2個即買いして交換しておいてよかったァ。

 とにかく、バッテリー上がりに恒常的に悩まされてきたワタシは、空冷大魔神さんに教えていただいた「確認方法」をさっそく試してみました。

 イグニッションをOFFにし、ドアを閉めたままでパワーウインドウスイッチにソロリと指を近づけます。助手席側は基本的に死んでおりますので(エヘヘ)、確認したのは、当然(エバってどうする)! 運転席側。ドキドキドキ。

 カチリ。

(シ~~~ン……)

 動かん……。いや、動かん方がイイんだった。ということは……、おお、問題なし。しかし、とっても心配性なワタシは、ドアを開けても動かんってオチもあるな、とオープン・ザ・ドアで再チェック。今度はウィィィィィィィィンって窓が開いた。ああ、ウレシ。絶縁不良になっていなかったのね。よかったよォ。

 その後、タルガはバッテリー上がりをやらかしていません。ウッシッシ、バンザ~イ!

 空冷大魔神さん、メールありがとうございました! とてもいい勉強になりました!

 

これより以前の記事はこちら

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.69
  • 911DAYS Vol.68
  • 911DAYS Vol.67
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •