クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
00120)タルガ万歳

ポルセキ新聞 タルガ万歳その140.コイツが問題のアレです

  • mixiチェック
 

更新日: 2009年11月15日

mainware.jpg

 ええと、前回のその139で問題発見! とさんざん騒いだあげくに、肝心のそのものを書くことをすっかり忘れておりました。数名の読者の方から、お問い合わせをいただき、いけね、となった次第です。では早速。

 コイツが問題のアレであります。
 オイルリターンホース。

 右リアタイヤを外すとご覧のように丸見えの位置にあるコイツは、オイルタンクとエンジンを繋いでいる大動脈のような重要ホースです。写真では少々分かりづらいかもしれませんが、エンジン側に固定してあるバンド手前に、不気味にもヒビがピキピキピキと入っていました。オイルリターンホースはいわば消耗部品で、劣化してくるとカッチカッチやぞになってヒビ割れてくるんですね。触ってみると、ゴムパーツのくせにガラスのようにカチカチ。なんか元々ゴムだったのかすら怪しい硬さ。

 さて、オイルリターンホースが切れるとどうなるか。それはそれは世にも恐ろしいことが起こります。一瞬にして10リッターのオイルがドバァッと流れ落ち、光の速さでエンジンを停止しないとエンジンは焼きついてTHE END。ああ、怖ェ。こうして書いているだけでも怖いもんね。

 後日、ホースブチ切れてオイルドバァになっても一瞬でエンジン停止できるよう、そろそろそろ~と山田ガレージへと行って来ました。直した後は、もちろんバッッッヒョーーーーーン! と帰宅。ああ、絶好調! もうこれで安心であります。

 ちなみに、この作業、オイル交換のときにやった方がいいと思います。だって、一回オイル抜かなきゃホースの交換はできませぬゆえ。ワタシはというと、この前タルガに至宝の「ガルフ911」を注入したばかり。それからまだ1000kmほどしか走っておらず、このまま捨てて新品の「ガルフ911」を買おうか悩みました。一回「ガルフ911」を使うと、そのフィーリングのよさに手放せなくなるんですね。なんとしてもまた「ガルフ911」を入れたい。ううむ、ううむ、むむむのむ。しかし、財布が悩むまでもないゾと言っておりましたので、速やかに抜いたオイルをもう一度入れなおしました。エヘヘ。

 

これより以前の記事はこちら

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.68
  • 911DAYS Vol.67
  • 911DAYS Vol.66
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •