クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
00120)タルガ万歳

ポルセキ新聞 タルガ万歳その130.ガルフ911注入!

  • mixiチェック
 

更新日: 2009年09月03日

main.jpg
tyu-nyu-.jpg空冷911のために生まれたオイル「ガルフ911」。タルガへ注入後、エンジン音が飛躍的に静かになりました。満足

 え、いきなりですが、タルガは丈夫ですよォ。

 なにせ今まで一回しか止まったことありませんからね(厳密にはエンジンのことを考えて寸止め)。あんときゃエンジンルームから煙りがモクモク立ち上りビビリましたけど、お陰様で大事には至らず、今となっちゃいい思い出となっております。あ、そういや、漏電による度重なるバッテリー上がりなんてのもありましたなァ(遠くを見つめる目)。こいつは不治の病かと思いましたが、ルームランプスイッチをカバーするゴムが破れていることが原因で、それを取り替えたら治っちゃいました。エヘヘ。それから、片効きして怖かったブレーキは、キャリパーを整備して今では4輪がきっちり効いてくれるようになったし。
 ううむ、スバラシイ。というわけで、タルガはただ今ゼッコ~チョ~なわけであります。

 よって、ワタシが日ごろしているメンテといえば、オイル交換ぐらいしかありませぬ。で今回、オイル交換の際に、奮発して空冷フラット6のために生まれたエンジンオイル「ガルフ911」を注入することにしました。それにしても、「空冷911専用オイル」って、響きがとってもエエですなァ。

 さて、ガルフ911の特徴は15W-50の粘度を持つ100%化学合成油ということ。空冷911にはやはり15W-50の硬さはベスト。ちなみにワタシはこれまで、粘度の関係とシール類からのオイル漏れを考えて鉱物油しか使っておりませんでした。というのは、昔から空冷911には鉱物油がいいと言われてきたんですね。実際、これまで鉱物油で特に問題もありませんでしたし、オイル漏れも起こしませんでした。が、今回ガルフ911を入れてみて、そんなヘンな心配はいらないんだな、と実感しましたね。実はオイル交換して1ヶ月ほど経ちますが、オイル滲みなど見当たりませんから。よォく考えてみれば、最新の技術が投入された化学合成油の方が当然ながらいいに決まっているわけです。そらそうだ。

 ガルフ911を入れてもっとも感心したのは、エンジン音が飛躍的に静かになったことです。ピストンがシリンダーの中を滑らかに往復運動しているイメージ。オイルでエンジンがしっかり守られている感じとでも申しましょうか。アイドリングにも余裕というか、高級感が漂います。エンジンの吹け上がりも軽やかになったようで、ワタシャ大満足! 

 さすが空冷911専用オイル、ガルフ911! これから手放せそうもないです。

追伸
オイル缶のデザインがカッコイイのも、ガルフ911のいいところ。当然ながら、空き缶はガレージのオブジェとして飾ってありますデス。

 

これより以前の記事はこちら

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.68
  • 911DAYS Vol.67
  • 911DAYS Vol.66
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •