911DAYS Premium 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
 

ポルセキ新聞 読者橋本さんの930ターボ変身記その4.ロングラン・メンテナンス始まる。まずはエンジンから

 

更新日: 2004年01月06日

まずはエンジンの症状をチェックし、その対策を橋本さんが施しました。基本的に自分でメンテナンスを行う橋本さんなだけに、そのチェックもかなりシビアな目でもって行われています。

橋本美昭(はしもと・よしあき)
橋本さんとポルシェとの出会いは、中学生の時にお兄さんが作ったプラモデルの934、935、930タ-ボ(白)で、それらがあまりにもカッコ良く、今でも頭に深く焼き付いているらしい。その後、ラジコンに夢中になり、935を購入(もちろんラジコンね)。次に、お兄さんのプラモの930タ-ボをもらってそれをラジコンに改造し、ボロボロになるまでよく遊んだそうな。本人曰く「その頃から改造癖があり」と。時は過ぎ、大人になった橋本少年は、手に入れた本物の930ターボをベースに、“ナナサンカレラ生誕30周年記念73年カレラRSRターボコンバージョン”を作り上げることとなった。

photo_1.jpg

 まず手始めとして、エンジンのアイドリングのバラツキから着手。エンジンの症状と対策は、下のとおり。

【橋本CHECK! エンジンの症状と対策】
点火プラグ……焼け色は少し黒っぽい。火花の色が少し赤いので交換。
ディスビ……キャップ、ロ-タ-とも電極部溶けている。特に5番がひどいので交換。
プラグコ-ド……5番のキャップにガタあり。中でツメが折れている。失火の原因か? とりあえず応急処置はしたが、1年後ノロジー製に交換することになる。
コイル……内部の冷却オイルの漏れを発見し交換。性能的には変わらず。
Kジェトロ……本体のG/K交換。フュ-エルパイプ流動点検。インジェクタ-洗浄。噴射状態・漏れ点検整備、これは効果大だった。
燃料ポンプ……フロント側、クルマ購入時より異音大だったため交換。リア側は、それから3年後に加速性能が気になり交換(異音あり)。性能回復する。
燃料ホ-ス……リアのポンプ交換時に破れる。経年硬化による劣化だった。とりあえず応急処置をして、後日エンジンル-ム内のホ-ス全て交換した。
補助エアバルブ……個体で作動確認。異常なし!
ウォ-ムアップ……やや難あり。夏の暑い時、エンジンの始動性が悪くなるが、コントロ-ルレギュレ-タ-圧を計測してもらったら、正常範囲なのでそのまま使用している。
タペット……調整は2回行う。打音が気になり出したら、オイル交換時に調整を行っている。

 ということで、次回はトランスミッションです。

 

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.84
  • 911DAYS Vol.83
  • 911DAYS Vol.82
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •