911DAYS Premium 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
 

ポルセキ新聞 読者橋本さんの930ターボ変身記その5.お次はトランスミッションです

 

更新日: 2004年01月23日

エンジンの次はトランスミッションということで、橋本さんいろいろとやっています。が、すごいのは、結果的にG50トランスミッションを自分で加工して930ターボに搭載してしまったところ。いや、すばらしいです。

橋本美昭(はしもと・よしあき)
橋本さんとポルシェとの出会いは、中学生の時にお兄さんが作ったプラモデルの934、935、930タ-ボ(白)で、それらがあまりにもカッコ良く、今でも頭に深く焼き付いているらしい。その後、ラジコンに夢中になり、935を購入(もちろんラジコンね)。次に、お兄さんのプラモの930タ-ボをもらってそれをラジコンに改造し、ボロボロになるまでよく遊んだそうな。本人曰く「その頃から改造癖があり」と。時は過ぎ、大人になった橋本少年は、手に入れた本物の930ターボをベースに、“ナナサンカレラ生誕30周年記念73年カレラRSRターボコンバージョン”を作り上げることとなった。

photo_1.jpg

 次に、問題でもあるトランスミッションです。

 1速の入りが悪いのはさておき、やはり4速ミッションの超ワイドレンジギア比が、私には大変不満。一般道路ではある意味ラクだけど。なんせ2速に入れておけば、オ-トマ状態。ゼロ発進から160km/h位まですごい勢いで加速してくれます。しかし、サ-キットではゼロ加速は悪くないが、コーナー立ち上がりでパワーバンドから外れ、ターボラグも相まってアクセルオンのタイミングが難しく加速しづらい。中速コ-ナ-は最悪といってもいいぐらい。

 私のホ-ムコ-スでもある鈴鹿だと、2コ-ナ-進入から逆バンク出口までとヘアピン立ち上がりで、ドアンダ-の我慢大会となってしまう(足まわりも車重ノ-マルで、少し車高を下げた仕様)。使用するギアも2速と3速のみ。まるでロ-・ハイしかなかった頃のテレビゲ-ムの様。ちなみに、各ギアの最高速は1速90km/h弱、2速160km/h位、3速210km/h強、4速出るだけ。で、もし許容回転数まで回れば、軽く300km/hオーバー(メーカー公表値260km/h)と4速目は巡航用で、やはりドイツのアウトバ-ンやニュルブリンクのオ-ルドコ-スを長時間走り続ける様なギア比の設定になってるのでしょう。

  photo_2.jpg
自宅の駐車スペースでジャッキアップし、エンジンを外したところ。自分でできるところは自分でする橋本さん。さすがです


 といきなり話がそれてしまいましたが、トランスミッションのメンテナンスです。

 悲劇は突然やって来ました。私自身の操作ミスにより、ショ-トサ-キットで練習中1速にシフトダウンしたつもりがリバ-スに入り、ロックしてトランスミッションを壊してしまったのです。お先真っ暗になりましたが、帰りの積車の中で中古トランスミッションを探すために電話している私がそこにいました。

 そして、初めて自分でエンジンを降ろすこととなりました。ポル歴4年目の出来事です。

 トランスミッションに関しては、この日から3年に渡り苦闘の日々が続きました。この場ではそのすべては書ききれないので、変化の過程のみ記しておくことにします(この件だけで、1冊の本が書けそう!)。

<その1>
トランスミッションの破損個所を調べてみると、リバ-スギアガイドのスリ-ブが割れていました。これの交換と1速、2速のシンクロ交換でよさそうでしたが、走りを変えたかったのでファィナルギアをポルシェモ-タ-スポ-ツの15%ダウンの物を組み込むことに。これにより、サ-キット走行はかなり良くなりました。

  photo_3.jpg
で、こちらは降りたエンジン&トランスミッション


<その2>
またもや悲劇が……。友人が私の930ターボで同じことを……。私の意志で乗ってもらったのだから、彼には責任追及せず自分で直しました。今後、リバ-スギアに間違えて入れないように、シフトレバ-の根元に開閉式のロックを製作して取り付けてあります。これが効果絶大でした。

<その3>
快調にサ-キット走行を楽しんでいたのですが、今まで問題のなかったところに負担が……。4速が使えるのはありがたいのですが、3速にシフトダウンを繰り返したことにより、3速のシンクロが音を上げる。ギア鳴りがひどくなりギャップを踏んだ時の振動でギアが抜ける様になったのです。また、トランスミッションのオ-バ-ホ-ル……。

  photo_4.jpg
915トランスミッションをやめ、G50型に変更。すべて橋本さんが行っている


<その4>
一度目のオーバーホール時に頭をよぎった、G50型トランスミッションの搭載を真剣に検討しました。前回のオーバーホール時にはトランスミッションのみはあったのですが、ペダルまわりや油圧部品が中古で見当たらず諦めていました。ところが、今回は時期良く88カレラの解体車が見つかったので、必要な部品を格安で手に入れました。でも、そのままボルトオンとはいきません。ネックは、みなさんご承知の通りト-ションバ-チュ-ブがトランスミッションケ-スと干渉してしまうこと。でも私は車体側を改造したくなかったので、トランスミッション側を加工し、SPLモデファイドトランスミッションを自分で製作して、ボルトオンで搭載しました。このトランスミッションは調子よく、かなりサ-キット走行もしていますがノントラブルで今に至ります。詳細は、911DAYS Vol.9リ-ダ-ズボイス参照です。

 

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.77
  • 911DAYS Vol.76
  • 911DAYS Vol.75
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •