911DAYS Premium 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
ホームコラムポルセキ新聞 > 三面記事 >

ポルセキ新聞ポルシェなニュース

 

登場する911、時代考証的にいかがなもんかと

更新日: 2021年06月01日

400.jpg

 ひっさびさの更新の『ポルセキ』ですが、今回はワタシの大好きな映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年/アメリカ/タランティーノ監督)について。

 この映画は、1969年のシャロン・テート事件を下敷きにしたもので、公開当時話題作だったので、ご覧になった方も多いと思います。
 ようは、1969年のお話。

 その内容はここでは置いておいて、ポルシェラバー的に気になったのが、登場するポルシェのこと。
 このポルシェに関しては、映画製作チームがポルシェに協力を仰いだものということです。

 な・の・に。

 劇中、シャロン・テートは黒いナローの911に乗っているのですが、なんと73年式!
 この911はもう1台予備も準備されており、そちらも73年式!

 1969年のお話なのに73年式って、ポルシェが車両協力しているのに、時代考証が間違っているなんていかがなものか。

 さらには、スティーブ・マックィーン(ちょっとだけ出てくる)用に、劇中には登場しなかったものの黒い73年式911タルガも準備されていたのとのこと。

 これに関しては、時代的に年式も違えば、そもそもマックィーンはタルガに乗ってなかったし(スレートグレーの69年式911Sが愛機)、と間違いだらけ。

 う~む。ナローのこと知っている人がポルシェにはおらんのか(ドン! と机を叩く)。
 
 実は、ポルシェだけでなく、Gジャンも時代的に合わないものが。
 この作品でアカデミー助演男優賞を獲ったブラッド・ピットが着ているラングラー24MJZ。これは70年代以降のものなんですね。コッチに関してはラングラーに協力を仰いだかは不明ですけど。

 そんな細かいこと言うなって、という声が聞こえてきます。
 いやまったくそのとおり。
 ただ、ポルシェに関しては、職業病でついそういうところに目が行っちゃうんですよね。

 でも、この映画はそんなこと関係なく大好き。だって、公開時に映画館に観に行った上に、ブルーレイ&DVDセット、サントラCDまで買ったぐらいですから。

 1969年代のあのアメリカの雰囲気が好きな方はドハマリすると思います。
 まだ観ていない方はぜひ。

 
 

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

 
  • 911DAYS Vol.84
  • 911DAYS Vol.83
  • 911DAYS Vol.82
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •