911DAYS Premium 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
 

911DAYS メイキング NINE ELEVEN DAYS Vol.3全ポルシェ911魅力再発掘夢のスポーツカーへの回帰 カレラGTをドドン! と見せます

 

更新日: 2007年02月01日

イメージ

巻頭特集の『夢のスポーツカーへの回帰』の中で、「911にはカレラGTくらいのインパクトが必要なのだ」と書いた。カレラGTは確かにカッコイイ。それについては多くのポルシェフリークも同様に感じており、本誌にお送りいただいたアンケートを見ていると、多数の方がカレラGTへ興味を持っていることが分かる。
そこで、ここではカレラGTのインパクトのすべてをドドン! と紹介したい。

カレラGT、いよいよ2003年に生産開始か!?

 カレラGTが、いよいよ2003年に生産開始される見込みとなった(このコーナーで、ある情報に基づき生産開始を2001年5月と書いていましたが、誤りでした)。ポルシェの経営陣は、カレラGTの最終的な仕上げにかかるコスト500万マルク(3億695万円)を投入することをすでに承認したという。発売直前までロードテストを繰り返し、衝突安全基準を満たすクラッシュテストも実施される。採算ベースに乗せるためにはじき出された生産台数は800台で、価格は80万マルク程度(約4900万円)になる。あのフェラーリF50の生産台数が349台、新車価格が5500万円だったことを考えれば、販売台数はちょっと欲張り過ぎの感もあるが、80万マルクで売ろうとすると800台作らなければ採算が会わないということであれば、仕方がない。

 国内ですでにカレラGTの注文をした人の話によれば、本誌Vol.2「世紀末緊急座談会 ポルシェの21世紀を占う」の会話に登場したように、どうやらカレラGTはクローズドボディになるらしい。予約を入れたその方も、まだ詳しい内容は知らないようだが(2001年3月現在)、ともかくどんなエンターテイメントに富んだボディを纏って登場するのか。今から非常に楽しみである。

 さて、以下で9月28日のパリモーターショ-で発表されたカレラGTプロトタイプの詳細をお伝えしたい。

前輪後部に設けられたエアアウトレットからは、ラジエターとフロントブレーキを冷却したエアが排出される(ただし、オープンカーでここにエアアウトレットが設けられた場合、ドライバーにカーボンダストやらなにやらが降りかかり、とてもドライブするどころではなくなる。これは、ショーモデル用のパフォーマンスと見るべきだろう)。つまり、フロントバンパー左右に空いているエアインテークの中には、996と同様にそれぞれラジエターがあるということになる。リアホイールハウスに設けられたエアインレットは、もちろんエンジンルーム内に風を送り込むためのもの

写真ではもちろん分からないが、ダウンフォースを増大させることを考えて、車体下フロント部分をアンダーカバーですっぽりと覆い、リアにディフューザーを装着している。ボディの基本構造は、カーボン製だ   カレラGTは安全性にも十分配慮されている。90リッター容量の燃料タンクは、前方からの衝突による危険から逃れるために、パッセンジャー・セルの後方、ホイールベース内に配置した。911、ボクスターが、フロントのトランクルーム内にあるということと比較すると、安全性の面で雲泥の差があることになる

ガス放電バルブを装着したバイキセノン・ヘッドライト。この特徴は、ロービームとハイビームの両方をひとつのヘッドライトで行うというもの。ウインカーは、3本の細いネオン管を使用している   ドライバー側とナビ側の頭部保護ロールバー間にハイマウントストップランプが設置されているが、そこにもネオン管ライトが採用されている

もはや964以降伝統となった車速感応型ポップアップ式リアスポイラーは、カレラGTにも採用されている。120km/hを超えると作動する

5500ccV型10気筒DOHCエンジン。エンジンブロックはアルミ合金製。コンロッドにはチタンが用いられている。広報資料には、『このエンジンのただ今のスペックは暫定的なものであり、量産化されるとさらに「改善」(カッコは編集部)される可能性もある』とある。つまり生産型では、さらにパワーアップされるかもしれないということだ


もはや911とは一線を画すデザインとなったインテリア(911ではないから、当たり前といえば当たり前だが)。ただし、丸型のレブカウンターがメーター中央に配されるのは、ポルシェの公式通り(メーター表示にはTFTカラースクリーンを採用)。室内は、ブラウンレザーとアルミで構成され、いかにも近未来的スポーツカーな雰囲気を醸し出す。ステアリングはスエード生地となる。キーシリンダーは、ポルシェの伝統にのっとりステアリング左側に配置。カレラGTに乗れる幸せなオーナーは、左手でエンジンに火を入れることにより、このスポーツカーが紛うかたなきポルシェ一族であることを確認することになる。シフトは6速

特徴的なサイドミラー。92年以降の964に採用された通称「ターボミラー」の発展型という感じ


V10エンジンをいやが上にも意識させるデザインワーク。ロールバー後方からリアに向かって伸びる「パワー・ドーム」は、ドリルドホール付きのアロイ合金製

まさにレーシングカーそのものの足まわり。トランスミッション・ハウジングには、リアのダブルウィッシュボーン・サスペンションのリンクポイントが設けてある。スプリング&ダンパー一体型のフロント・ダブルウィッシュボーン・サスペンションと同様に、ホイール・スプリングとスタビライザーも個別調整が可能   超軽量鍛造マグネシウム5スポークホイールを採用。タイヤサイズはフロント265/30R19、リア335/30R20で、前後でホイールの直径サイズが異なる。ブレーキディスク径は、フロント・リアとも380mmで、カーボン素材が使用されている。ブレーキキャリパーは、フロントに8ピストン(!)、リアに4ピストンを奢ってある

SPECIFICATION

全長×全幅×全高(mm) 4556×1915×1192
ホイールベース(mm) 2700
トレッド前/後(mm) 1620/1570
車両重量(kg) 1250
エンジン形式 V型10気筒自然吸気式エンジン
総排気量(cc) 5500
最高出力(ps) 558
最大トルク(kgm) 61.2
レブリミット(rpm) 8200
タイヤサイズ(F:R) 265/30R19:335/30R20
最高速度(km/h) 330以上
加速(0-100km/h) 4秒未満
加速(0-200km/h) 10秒未満
燃料タンク容量(L) 90

※カレラGTについて、もっと様々なことを多面的に知りたい人は、Vol.2『世紀末緊急座談会 ポルシェの21世紀を占う』を参照してください。

 

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

メイキングを検索する

メイキングバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.89
  • 911DAYS Vol.88
  • 911DAYS Vol.87
  • 911DAYS Vol.86
  • 911DAYS Vol.85
  • 911DAYS Vol.84
  • 911DAYS Vol.83
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •