911DAYS Premium 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter

羽根幸浩のS耐日記第6回 日本人にゃ、言葉の壁がツライです。

2001年07月21日

photo_1-5.jpgphoto_2.jpg

予選で羽根選手好みのグッドセッティングを見つけたのも束の間、決勝直前に変更されてしまった。「言葉の壁」。世界の桧舞台に出て行った人は、この壁に大いに悩まされるみたいだが、我らが羽根選手もやっぱり悩んでいた。

  photo_3.jpg
  サメのような顔がなんともいえないフライジンガーのGT3R

 早いもので、シリーズ前半契約最後の5戦目を迎えました。ここゾルダーは、僕の大好きなコースの一つ。非常にスリリングなコースで、路面の悪さ(バンピー)、ミューの変化どれをとっても日本にはない独特なものがあります。公道サーキットのようなコンクリートの壁に挟まれたストレート。ジェットコースターのような、急激なアップダウン。一瞬タイヤが完全に接地感を失う高速コーナー。ほとんどサーキットの路面とは思えないほど、グリップの低いタイトコーナー。一瞬タイミングを逃すと絶対インにつけない逆バンクの高速コーナー、などなど。とにかく、特徴的なコーナーが非常に多い。どのコーナーをとっても攻めがいがあり、ドライバーの勢いがタイムを削ってくれるタイプのコースだと思う。それゆえ、昨年のレースもコースアウトするマシンが多く、コース上があれて苦労した記憶があります。集中力をいかに持続して、最後までノーミスで責めきれるかが重要です(その点はどこも同じですか、ここは特に)。

 金曜のプラクティス1回目では、重点的にハネに対する対策を行いました。コースが新しく改修された前半のセクションは、まだ舗装が新しく路面はスムーズなんだけど、油が浮いたようにグリップが悪く、初日からコースアウト続出!!  タイヤもイマイチ路面に合わず、路面はたしかにスムーズなんだけど、僕たちのマシンは跳ねまくり! で、ルームミラーがズレちゃうような状態。Oさんは、やめて帰ろーぜー! って言い出す始末(調子が悪いと、いつもこう言う)! タイヤ屋さんは、頭抱えて現場から消えちゃうし! 僕は……。ここまで来て、何にもしないで帰れるわけないでしょ―! 日本からここへ来るのに、何時間かかったと思ってんだい!

 2ヶ所の高速と低速のシケインは路面のうねりがひどく、どこを通ってもフロアを擦ることは避けられないほど。しかし、ここの通過速度がその先のスピードに大きく影響するため、安定したラップを刻むためには攻めまくるのが重要となります。それがチームの基本的な考え方だから、高速コーナーの姿勢を安定させるための足の硬さと、パンピーな路面を吸収する足の柔らかさの両立が、セッティングのポイントとなります。普通で言えば、他のフラットなサーキットに比べると、かなり柔らかいセッティングにするようなのですが……。

 2回目の走行では、弾むことを嫌った柔らかめのセッティングが高速コーナーで悪影響を出しているようだったので、今度は高速コーナーに合わせて硬い方向に振ってみた。こちらの方が、僕は気に入って、タイムもなかなかいい結果が出た。バンピーなところも、ラインにきっちり乗せていけばそれほど気にはならないナ、と感じてきました。高速コーナーのコントロール性能とアクセルに対するマシンのレスポンスは、思いのほかリニアになってきています。もともと、こちらで走っているマシンの足は、日本のマシンに比べれば柔らかい傾向にあります。
 タイム的にも確実に上がってきたし、勢いでタイムを詰めていく僕としては、日本に近い足の硬さの方が走りやすかった。タイヤも日本製だし、このセッティングの方が合っているかも。

 土曜の予選ではコースインするのが遅れ(開始10分後)、しかも悪いことにコース上にオイルが大量に出た後だったためほとんど走れずに終わってしまった。天候は、いつ雨が降り出してもおかしくないほど暗く、なんとか1回目の雨が降る前にアタックを終えたかったのですが、コースの状況がそれを許してはくれませんでした。こんなときの気持ちは、本当にいやなもんです。2回目の予選の前に雨が降り出せば、20位以降の予選順位になってしまうのはほぼ決定です。不安な数時間を過ごしたあと、なんとか雨も降らずに2回目の予選を迎えることはできましたが……(編集部注:予選7番手)。

 そして決勝。ここは、前のマシンを抜くのが難しいコースなので、レース前半での前との差が気になるところです。しかし今回は、決勝直前に「言葉」というソフト部分での難しい問題に頭を悩ますことになってしまいました。

photo_4.jpg  
「シェ~」とポーズを決めてるのは、オルテリ。いまいちサマになっていないのは、赤塚不二夫を知らないからか。これでもこやつ元ポルシェワークスドライバーで、911GT1でル・マン総合優勝してるんだよね  
   
photo_5.jpg  
あ、ヘンな顔して近づいてきた  
   

 言葉の壁を感じずにはいられない出来事は、セッティングをめぐって大喧嘩にまで発展してしまったのです。硬いと駆動系に良くないと主張する相棒に、僕はタイムが出る方で押さえて走ったほうがマージンがあると主張しました。実際に、硬いセッティングでは相棒は安定していなかったのですが、彼は納得したものだと僕は理解していました。ところがホテルに帰る寸前に、スプリングの交換を始めたので、メカニックに尋ねると柔らかくすることに決まったらしい? なんだって? そんなこと僕は一言も聞いていなかった! こんなとき彼らは、良く言えば実に紳士的な方法でやりこめてくるのです。状況は、しゃべれば、しゃべるほど言った言わないなんてことがドンドン出てきて、僕に不利になっていく。完全にやられた!! いつの間にか当然のように、相手の意見を通されてしまうのです。僕の言ってることが伝わらない(実際は分からないフリをされている)じれったさに、感情的になってしまったとき。それは相手の思う壺! 絶対に怒っちゃいけません! いい勉強になりました。

 それにしても、「言葉」の問題は、実に頭の痛い問題です。僕も含めて日本人は、言葉の節々にかなり気を使っているつもりで、何かしらあいまいな表現になりがちです。日本的なこのあいまいなニュアンスは、彼らにとっては実に都合のいい反撃のチャンスを与えてしまうのでしょう。周りの状況を自分に有利なように運ぶ戦略は、お世辞を抜きにしてすばらしいものがあり(イヤミですが)、何を言っても絶対に自分の不利なことは認めない頑固さは、ある意味見習うべきところもあります。本当にいい勉強をさせてもらったということで、納得するしかない状況に追いこまれていくのが、手に取るように分かってしまいます。しかし全ては手遅れでした。次回からは、ラップチャートに結果として刻んでもらうことにしよう。はァ……。

 そんな訳で、安定性重視という大儀で通されたセッティングは、僕はどうも好きになれません。何かしら吹っ切れない状態での決勝レースのスタート。

 僕らとしては、ワンストップの1回給油で何とか走りきりたい。1時間を過ぎたところから、燃費を調整しつつ、なんとかあと1時間半持たせなければなりません。57号車(僚車)が、1時間30分ちょうどでピットインするので、僕たち58号車は、リザーブを使ってでもその1周後までもたせなければなりません。

 レースは序盤から、予想通りの大荒れ! どさくさにまぎれて6番手まで浮上することに成功。1時間経過後は、時間を見ながらポジションをキープすることにつとめます。前の何台かは、2ストップのはず! 一時的に順位が上がった1時間28分ごろ、エンジンが息継ぎ! 燃料がない!! リザーブのスイッチを入れ、無線でピットインを知らせます。少しペースを落として、ピットイン。ところが、そこには57号車がまだ止まっているではありませんか! 僕たちの、 15秒ほど前を走っていた57号車は、1周強をリザーブで走ったため、結果僕たちと同じタイミングでピットインしてしまったのです。その差はほとんどなかったってこと。ゆっくりもう1周走れ。チームオーダーってやつです。無情な無線の指示で、恐る恐るもう1周するはめになっちゃいました!!

 無線聞こえなかったのかなァ? 57号車と交信していて、ちょうど聞いてなかったみたい?

 せっかくの順位を8番手まで下げ、ドライバー交代を済ませました。1回給油作戦ながら、結局2回ピットに入った僕たちは8位。

 57号車は、チームとして今年初の2位表彰台をゲットすることに成功しました。めでたいことなんだけど、後味が悪いですねェ。

 まあともかく、マシンの状態はやっぱり?マーク。しかし、レースではここまで持ってくるこのチームのドライバー(僕も含めて、ですよ)人間的に強いよなァ!! よくやった! って誉めてやりたくなるぐらい、今年はホントに苦労しています。はい。

 

羽根日記を検索する

カテゴリ一覧

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.89
  • 911DAYS Vol.88
  • 911DAYS Vol.87
  • 911DAYS Vol.86
  • 911DAYS Vol.85
  • 911DAYS Vol.84
  • 911DAYS Vol.83
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •