クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
00120)タルガ万歳

ポルセキ新聞 タルガ万歳その342.マックィーン、観てきましたゼ

  • mixiチェック
 

更新日: 2016年06月18日

main.jpg

 ポルシェファン垂涎の映画といえば、モチ『栄光のル・マン』。スティーブ・マックィーンとガルフ917が活躍しまくるこの映画、DVDを手に入れてから何回観ただろう、というほど観まくっています。観れば観るほど、そのリアルさにシビレまくりで。とにかく、マックィーンのレース好きがひしひしと伝わってきます。

 海外では興行的に失敗した同作品も、日本ではスマッシュヒット。71年度の洋画配給収入第3位を記録しております。

 
konnnatoko.jpg
名古屋ではこういう雑居ビルの2Fにある映画館で公開されました
kinennsyasinn.jpg
思わず記念撮影しちゃったもんね

 さて、今回そんな『栄光のル・マン』のDVDを夜中に鑑賞し直し、早朝冷水ではなく温水で体を清め、襟を正して観て来たのは、『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』。これは、存在しないと言われていた『栄光のル・マン』の500箱に及ぶ未使用映像、オリジナルラッシュ試写版の本編プリントが、約40年を経て発見されたことを端に作られたものです。それゆえ、それら未使用映像と関係者のインタービューにより構成されたドキュメンタリー作品となっています。

 マックィーンは「観客に自分がサーキットで体験していることをそのまま体験させたい」と考え、妥協せずに理想、本物を追い求めた結果、賛否両論あるとはいえ、後世まで語り継がれる名作ができたと思います。公開時よりも、今の方がその凄さがよく分かります。

 
naka.jpg
館内はこんな感じ。40席ほど。ワタシャ、一番前のド真ん中でありがたく拝見いたしました

 劇中、『栄光のル・マン』の興味深いエピソードも多数出てきますが、構成としては『栄光のル・マン』を中心に据えた、マックィーンの伝記フィルムと言ってもいいかもしれません。

 個人的には、マックィーンが足を骨折しながらプライベートで参戦した70年のセブリング12時間の貴重なカラー映像なども出てきて、ワクワクし通しでした。

 
tirasi.jpg
映画のチラシ。パンフレットももちろん購入!

 ただ、さすがに全国ロードショーというわけにはいかなかったようで、公開は東京、大阪、名古屋、大分の単館のみ。名古屋では名古屋シネマテークという雑居ビル2Fにある40席ほどの小さな試写室みたいなところで行われました。しかもたったの1週間、1日2回上映のみ。ワタシが観たのは平日の午前上映の部でしたが、観客は7~8人といったところでした。
 ま、満員ならイイってもんじゃないから。

 マックィーンと『栄光のル・マン』、ガルフ917がますます好きになりましたね。


 

これより以前の記事はこちら

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.67
  • 911DAYS Vol.66
  • 911DAYS Vol.65
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •