クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
00330)ポルシェ 写真DEしりとり

ポルセキ新聞 ポルシェ 写真DEしりとり「RSアメリカ」

  • mixiチェック
 

更新日: 2013年09月17日

main.jpg

【セ】こんにちは! ワタシです。え、いきなりですけど、40代半ばとかそれ以上の人って、アメリカ基本的に好きですよね。政治的とか経済的とかそういうムズカシイことは横っちょに置いておいて文化的に。アメリカンカルチャー。あの大らかな感じが嬉しい。

 で、「RSアメリカ」。こういう名前の付いた911が、92~93年にかけてアメリカとカナダで販売されていたんですね。964RSアメリカ。その名前から連想すると、やや能天気なRSと思いそうですけど、実はあながち間違っていなかったりして。

 造りは964カレラ2をベースに2シーター化されており、エアコン、パワステも省略されていました。ここまで聞くと、スパルタンの象徴、走る闘魂964カレラRSと同じじゃんと感じるかもしれませんが、そうではございません。

 964カレラRSはN/GTホモロゲを取得するためのモデルであり、エンジンも260psユニットを搭載。徹底的に軽く造られたことで1230kgしかありませんでした。それに対し、「RSアメリカ」はカレラ2と同じ250ps。軽量化されているものの1340kgもありました。これは、964カレラ2(1350kg)のわずか10kgダウンというおおらかな数字です。

 でもって、面白いのは価格。964カレラ2の1035万円に比べ、RSは1330万円しておりました。ドル換算で約2万ドル高い設定。一方の「RSアメリカ」は、カレラ2よりも約1万ドル安かったんですね。つまり、「RSアメリカ」は廉価版。エアコン、パワステがなく、2シーターなのも安くするため。雰囲気で“RS”と名乗っていた、と。やっぱり、アメリカ。おおらかだなァ。

 しかし、アメリカとカナダでどうにも人気がなく、240台のみの生産だったとか。アメリカ人は、「RSアメリカ」にアメリカを感じなかったんでしょうね(ああ、アメリカだらけ)。
 ワタシ的には、チョップトップにターボを積んで軽量化したRSが「RSアメリカ」であって欲しかったな。

 ということで、今回の答えは「RSアメリカ」。次回は「か」です。よろしゅうお頼み申します。

 今回の写真もポルシェ ジャパンでございます。

 

ポルセキメニュー(バックナンバー)

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

信長の生きた証を巡る観光ガイドブック
インタビューであなたの自分史・自伝をつくります。自費出版、自伝・自分史、社史制作なら「生き様工房」
 

ポルセキ新聞を検索する

募集! ポルセキ新聞ネタ

このポルセキ新聞、ポルシェ、ドイツ、その他のゆる~いネタを中心に展開していこうと目論んでいます。そこで、下記ネタをみなさんから募集します。 投稿してくださったネタは、基本的に掲載いたします(誹謗中傷はダメです)。 みなさん、ドシドシメールで応募ください。

詳しくはこちら

ポルセキバックナンバー

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.66
  • 911DAYS Vol.65
  • 911DAYS Vol.64
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •