クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
 

ポルシェニュースナロー時代のスポーツシートレプリカ 伸工貿易で輸入開始

  • mixiチェック
 
カテゴリー:編集部からのお知らせ

更新日: 2017年09月21日

main.jpg

 ナローのスポーツシートがレカロ製だったことは、『911DAYS』の読者ならご存知かと。
 しかし、当然現在当時のスポーツシートは生産されておらず、本物の新品を手に入れることはほぼ不可能と言っていい状況だ。仮にあったとしても、目ン玉が飛び出る金額だろう。

 そんな中、ポルシェの純正タイプパーツメーカー、ダンスクの正規輸入代理店の伸工貿易が、スポーツシート・レプリカとなる“ビンテージスポーツシート”の輸入を開始した。このビンテージスポーツシートは、イタリアのD’ESER社(1992年創立)がハンドメイドで製造しているもの。

 その現物が入庫したということで、さっそく伸工貿易にお邪魔してきた。

 
moketto.jpgシートサイド部は黒いビニールレザー。中央部は黒いモケットだ。双方の質感とも、本物のスポーツシートを髣髴させるもの。イタリアの職人の仕事だけあり、縫製が丁寧で高級感がある

 ご対面したビンテージスポーツシートは、まんま本物のスポーツシートの雰囲気。入荷していたのはもっともベーシックなカラーリングのタイプで、サイド部がブラックビニールレザー、中央部が黒いモケットになっていた。驚いたのは、風合いが本物同様であることに加え、縫製のディテールが綺麗に仕上がっている点。シートの背もたれの角度調整レバーやシートを持ち上げるためのリリースレバーも構造、つまみ部分の形状とも本物と同じ作り。とにかく凝っている。

 
ura.jpgシート裏側は、本物のスポーツシートさながらの作り
motiage.jpgシートレールは2種類あり、本物同様、このように座面を持ち上げることも可能。これは本物と同じ仕様だ。もちろん、スライドのみのシートレールも用意されている

 会議室に置いてあるシートに座ってみた分には、腰部のホールド感、シートのクッション性など申し分なかった。腰骨を包み込むような形状で、座面の張り、硬さもちょうどいい。おそらく、本物のスポーツシートをずいぶん研究した上で作ってあるのだろう。シートの裏側を除いてみると、本物同様の作りがなされていた。これはいい。

 カラーは好みに応じて変更可能で、中央部にチェックのファブリックを選択することもできる。

 価格(1脚20万円~)や仕様が気になるところだが、業販のみの販売なので、『911DAYS』に掲載されているポルシェ専門店に問い合わせて欲しい(ポルシェ専門店のみなさんは、伸工貿易→電話/03・5468・6133まで)。ここで紹介しているスポーツシートタイプのほかに、ナナサンカレラ・ライトウェイト仕様のフルバケットタイプなどもある。

 このビンテージスポーツシートは、ナローはもちろんのこと、クラシックカー&ビンテージカーな領域に突入してきた930にもバッチリ似合うこと間違いなしだ。


 

前後の記事

911DAYS Web会員募集!

911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!

など内容盛りだくさん!

 

ポルシェニュースを検索する

カテゴリ一覧

ポルシェニュース更新日

月別記事一覧

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.70
  • 911DAYS Vol.69
  • 911DAYS Vol.68
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •