クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
ホーム特集

特集911DAYS バックナンバー特集 Part 6

更新日: 2010年03月31日

911DAYS Vol.36
911DAYS Vol.36
911DAYS Vol.37
911DAYS Vol.37
911DAYS Vol.38
911DAYS Vol.38
911DAYS Vol.39
911DAYS Vol.39


911DAYS Vol.36

image  

特集 ベーシックグレード911、LOVE

ベーシックグレードとは、言うまでもなく基本、基礎となるモデルのことだ。
それを歴代911シリーズに例えると、GT2やターボ、GT3、RS、カレラ4やカレラS、カブリオレ、タルガなど。
あまたの911のアレンジグレードが光り輝いているのは、ベーシックグレードの完成された基礎、基本の上に立っているからにほかならない。
36号でお贈りするのは、そんなベーシックグレードの賛歌。ベーシックグレード、LOVE論だ。

911DAYS Vol.36

定価:1,530円(税込)

この商品を


 

65年911から始まる911のベーシックグレードの歴史は、ナロー、930、964、993、996、997。
テストドライブは、レース界を代表する本誌執筆陣、羽根幸浩、中谷明彦、松田秀士という、そうそうたる顔ぶれでお届けする。

 

一番最初の911である65年911と現行911の997後期型を比較インプレッションした。
誌面では、両車の根底に流れている同類のスピリットを、羽根幸浩が熱く語る。

 

空冷911最後を飾るモデルがタイプ993。
一方の水冷911をスタートしたのがタイプ996だ。
壁ひとつ隔てた993と996はとにかく比較されやすいが、そこにはやはり共通するものがある。
ずばり、“水と油ではない関係”だ。

 
 

 

911DAYS Vol.37

image  

特集 最近、996がやたらとカッコイイ

それまで911が引き継いできた空冷エンジンを廃止し、水冷ユニットに変更したタイプ996。さらに、ボディは大きくなりデザインも変更された。
それはすなわち、熱心な空冷911信者たちから賛否両論を受けることもしばしばあるということ。
しかし、時は流れタイプ996初期型が誕生して10年以上が経過した今、996がやたらとカッコよく見える。
つまり、37号で紹介するのは新車時代を終え、第二の旬に差し掛かったと言えるタイプ996の総力特集。
ズバリ、996完全保存版だ。

911DAYS Vol.37

定価:1,530円(税込)

この商品を


 

996カレラ3.4は、多くの人にとっつきやすいクルマになった一方、あまりの変貌ぶりに従来のポルシェフリークからはいまいち受けがよくなかった。そんな996カレラ3.4を“今”の視点で試したら!?
マイナーチェンジ後の996カレラ3.6と比較した。

 

サイズだけでなくシャシーもほとんど同じの996ターボと996カレラ4S。
大きく異なるのは空冷クランクケースをベースに水冷化されたツインターボか、新設計の水冷NAかという点だ。
両車のテイストの違いを探るのは、996カレラ4Sオーナーだった本誌執筆陣の河口まなぶだ。

 

中特集では、356やナローといったクラシックポルシェにスポットを当てた。“走る伝説”だからこそ味わうことができる、「ポルシェシンクロの独特な手ごたえ」や「コンパクトさ」、「アイドリング発進」などクラシックポルシェの魅力をお伝えする。
クラシックポルシェマイスターとも言うべき吉田匠が実際に356やナローに乗って走ってその楽しさを説く。

 

 

911DAYS Vol.38

image  

特集 いつかは911ターボ

ポルシェファンにとって“永遠の憧れ”、911ターボをリスペクトした『いつかは911ターボ』が本誌38号の巻頭特集。4速MTの1987年モデルの930ターボから2010年式の最新997ターボまで、古今東西の911ターボを本誌でお馴染みの執筆陣が再確認する。
さらに、09年現在日本で乗れる新旧911GT3全5台を一堂に集めた中特集、『歴代GT3三本勝負!』も見逃せない。ここでは、本誌執筆陣の森野恭行に加え、ハンコックポルシェを駆りスーパーGTで2勝を挙げた影山正美が本誌初登場している。
ターボ、そしてGT3という超硬派な組み合わせを、ぜひ38号でご堪能あれ。

911DAYS Vol.38

定価:1,530円(税込)

この商品を


 

911ターボは、75年930ターボ以来の圧倒的な速さの継承に加え、卓越した安全性も誇るようになった。
初代水冷911ターボの996ターボ、2代目となる997ターボ前期型、そして現行の997ターボ後期型に自動車評論家の吉田匠が乗って走り、現在の911ターボの進化に迫る。

 

911ターボの分岐点と言えば、「964ターボ3.6まで」と「993ターボから」。その理由は、993ターボからは駆動方式がRRから4WDになったことと、ビッグシングルターボからツインターボ化されたことだ。
911ターボの分岐点に立つ2台の911ターボの意味を紐解く。

 

2000年モデルとして誕生した911GT3の歴史は、早くも10年を超えた。そこで、「911GT3はどれくらい進化しているのか!?」というその実力を再度見極める。2009年10月の時点で日本で乗ることができる歴代GT3が一挙勢揃い。
インプレッションはレーシングドライバー代表として本誌初登場の景山正美、自動車評論家代表として森野恭行が務めた。

 

 

911DAYS Vol.39

image  

特集 「ポルシェ通」と呼んでくれ~ポルシェ初中級講座~

ポルシェの名を冠した最初のスポーツカー、356が1948年に登場してから早63年が経過しようとしている。
その間にもたくさんの名車とそれを上回るエピソード、伝説が誕生してきた。
その量といったら、もはや並大抵の勉強では覚えるのが困難なほど。そこで本誌はポルシェ63年の歴史の中でも「911」に的を絞り、ポルシェの基礎知識と思われるものをピックアップした。
本誌39号さえ読んでしまえば、アナタも立派な「ポルシェ通(ツウ)」になることは間違いない。

911DAYS Vol.39

定価:1,530円(税込)

この商品を


 

『911の名車たち』のシリーズのトップバッターを飾ったのは73年911カレラRSこと、通称“ナナサンカレラ”。日本だけでなく世界的にも「伝説」となったこのモデルの正規ディーラー車を、本誌執筆陣の森野恭行が熱くインプレッションする。

 

ポルシェと言えばレースとは切っても切れない関係にある。中でも、ポルシェが今も昔ももっとも力を注いでいるのがル・マン24時間だ。
この号では、もちろんそんなル・マン24時間を戦った名マシンにも迫った。

 

中特集の911では、ひと癖もふた癖もある記憶に残したい911を紹介している。たとえば、“ロードゴーイングカー”と“レーシングカー”が限りなく近しい存在になった993カレラRSクラブスポーツだ。
これぞ「硬派」な911をぜひ満喫して欲しい。

 
 
 

特集記事を検索する

最新の記事一覧

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.70
  • 911DAYS Vol.69
  • 911DAYS Vol.68
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •