クレヨン 911DAYS バックナンバーはこちら 911DAYS 公式Facebookページ 911DAYS 公式Twitter
ホーム特集

特集911DAYS バックナンバー特集 Part 5

更新日: 2010年03月26日

911DAYS Vol.32
911DAYS Vol.32
911DAYS Vol.33
911DAYS Vol.33
911DAYS Vol.34
911DAYS Vol.34
911DAYS Vol.35
911DAYS Vol.35


911DAYS Vol.32

image  

特集 これぞお値打ちポルシェ

豪華特集2本立てでお贈りする32号。 特集1では、「これぞお値打ちポルシェ」と題し、安くてファン・トゥ・ドライブなポルシェをズラリと紹介する。
巷の中古車市場に出回っているポルシェの中には、相対的に見て実力のわりに価格の安いものがある。そこに本誌編集部は目を付けたのだ。
特集2は、「タイプ993も再考(最高)!」。空冷最後の911として、今なお人気が高いタイプ993をフューチャーした。タイプ993の生産が終了してから10年以上が経過した今だからこそ見える、真の魅力に迫った。

911DAYS Vol.32

定価:1,530円(税込)

この商品を


 

01年モデルとしてリリースされた996ターボ。
“ターボ”の名にふさわしく、新車時はTipで1760万円のプライスタグが付けられた。そんな996ターボが、現在では市場価格で最大1000万円のダウンをしているという。その価格、場合によっては新車の997カレラS(Tip)よりも安いのだ。
996ターボの実力とお値打ちさを徹底解剖する。

 

空冷最後の“RS”、それが993カレラRSだ。
ライトウェイトを徹底的に追求したこのモデルのピュアスポーツモデル度とは!?
最新のスポーツグレード、997GT3と比較し、本誌執筆陣の河口まなぶがその魅力を伝える。

 

3.6Lという同排気量ながら出力の差によって前期型と後期型に分かれる993カレラ。
前期型は272ps、一方の後期型は285psだ。
両車の差を今ここで、改めて探る。

 
 

 

911DAYS Vol.33

image  

特集 全部見せます997

史上空前のヒット作となったタイプ997の歴史が始まったのは、05年モデルから。
そしてその後、09年モデルとして997後期型がデビューする。この997後期型の先陣を切って発表されたのが、カレラ&カレラSクーペ・カブリオレだ。さらに、間髪入れずに、カレラ4&カレラ4Sのクーペ・カブリオレが。続いて997タルガ4&タルガ4Sがその後を迫って来た。
997後期型に強烈なスポットを当てながら、997前・後期型のすべての魅力に迫る。

911DAYS Vol.33

定価:1,530円(税込)

この商品を


 

09年モデルとして誕生した997カレラ&カレラS、カレラ4&カレラ4S。
3.6L、3.8Lともに、まったく新設計の直噴ユニットのDFIを採用したほか、Tipを廃止し、かねてから噂のあったデュアルクラッチのPDKを搭載した。これら新機構により、タイプ997はどんな領域へと突入したのか? 様々な観点から追求する。

 

997の頂点を極めた2台による対決といっていい、「997GT2×997GT3RS」。
それぞれターボモデルとNAモデルといった2極の存在でありながら、かつ普通のドライバーには手におえない超ド級の存在でもある。
ここで997の真のチャンプが明らかになる。

 

911に毎日乗りたい! コレは、ポルシェファンなら誰でも思うこと。もちろん、どのポルシェも性能的には毎日乗れるし、乗れば毎日を非日常に変えるトリップマシンになってくれる。997で言えば、それは997ターボと997タルガ4Sに当たる。
その非日常トリップ度を自動車評論家の森野恭行が測った。

 

 

911DAYS Vol.34

image  

特集 ポルシェは五感で楽しめ!

ポルシェほどドライバーの五感に鋭く正確に訴えかけてくるスポーツカーはない。そん断言してもいい。
そんなポルシェを骨の髄まで味わいつくすには、味覚、視覚、嗅覚、触覚、聴覚ら、とにかく五感を研ぎ澄ませて感じること。
ポルシェの刺激の洪水に身体をどっぷり浸せば、ドーパミンとα波が脳内に同時噴出し、いつしかポルシェトリップが訪れる。
34号は、ぜひ五感をフル活用して楽しんで欲しい。

911DAYS Vol.34

定価:1,530円(税込)

この商品を


 

「最上の刺激」と銘打って、まず五感で味わって欲しいのは73年911カレラRSと996GT3RSのバトルだ。
20世紀、21世紀をそれぞれ代表するふたつのホモロゲーションモデルの最高の刺激を存分に味わい尽くせる対決だ。

 

“いかにもタイプ930”な個性を持つ2台、930ターボと930カレラを登場させた。
930ターボは、いかにもターボらしい“ドッカン加速”が味わえる4速仕様を、一方の930カレラはシフトフィーリングに独特の“らしさ”を持つポルシェシンクロ仕様だ。2台の刺激度を計る。

 

五感のうちの聴覚に迫るため、日本音響研究所の所長、鈴木松美氏に解説をお願いした。
あれほどまでにドライバーの聴覚を刺激し、気分を高揚させてくれるポルシェのエンジンサウンドの魅力とは!? ポルシェファンは必読だ。

 

 

911DAYS Vol.35

image  

特集 ポルシェ乗りたちに聞いたポルシェの楽しさ ポルシェのある人生はステキだ!

アメリカの金融危機に短を発した世界同時経済不安。その激震は日本をも呑み込み、ニュースや新聞では連日イヤになるぐらいやっきになって景気の落ち込みを喧伝している。
こんな時期だからこそ、我々ポルシェファンは、ポルシェに乗っていること、ポルシェのある人生を、もっともっとポジティブに楽しみたい。
そこでこの号では、自動車評論家、レーシングドライバー、レーシングチーム、911DAYSクラブ員、もちろん911DAYS編集部を含む「ポルシェのある人生を楽しんでいる人たち」に、ポルシェの魅力、ポルシェライフの楽しさを大いに語ってもらった。
これよ読めば、いかにポルシェのある人生がワクワクするか分かるはずだ。

911DAYS Vol.35

定価:1,530円(税込)

この商品を


 

巻頭から登場するのは、もちろんポルシェジャパン社長の黒坂登志明氏だ。「ポルシェは生き甲斐」と話す同氏は、自宅からポルシェジャパン本社まで毎日片道65kmの道のりを約1時間半かけて通勤する。
そのアシは997カレラ4。日本ポルシェ界のトップがどのようにしてポルシェライフを楽しんでいるのか必見。

 

「愛車としてポルシェに乗っていること」、「ポルシェでレースに参戦しているプロドライバーであること」が選定基準となった本誌執筆陣のポルシェライフも、もちろん楽しさ全開。
それぞれの愛車に対する熱き想いがココにある。

 

ポルシェを楽しんでいる人たちの筆頭と言えば911DAYSクラブ員にほかならない。
そして、自らの愛車にポルシェを持つ全国ポルシェショップだ。
ここでは、彼らが「ポルシェのある人生が楽しい・幸せだ」と感じる“瞬間”を聞いた。

 
 
 

特集記事を検索する

最新の記事一覧

911DAYSクラブ 911DAYS Web Siteをまるごと楽しもう!!
911DAYSオリジナルスポーツタオル+オリジナルステッカーをプレゼント!!お申し込みは「911DAYS クラブご案内」からどうぞ!
詳細はこちら

SNSの楽しみ方

ケータイでSNSしよう! 詳細は「ケータイでSNSを楽しむには」をご覧ください。

 
  • 911DAYS Vol.68
  • 911DAYS Vol.67
  • 911DAYS Vol.66
  • RACING PORSCHE SUPER BIBLE
  • Type964 SUPER BIBLE
  • MAINTENANCE & TUNING SUPER BIBLE
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式テキスト
  • 911DAYS認定ポルシェ検定 ポル検 公式問題集
  •